FrontPage

漢方治療

漢方薬は長くのみ続けなければ効かないという印象がありますが、そうではありません。「体質改善」に使う薬の多くはそうですが、中には直ぐに効果を示す薬もあります。

漢方治療では、体質と病気の進み具合(「証」と言います)を考慮して薬を処方します。西洋薬と同様に病名だけで使えるものもありますが、多くは「証」に合わせて投与することになります。

そのため、副作用は現れにくくなっています。また、妊娠中でも安心して使える薬もあります。

日本では、西洋医学の教育を受けた医師が、漢方治療も行うことができきるという特徴があり、大変にありがたいことだと思います。

西洋医学と東洋医学にはそれぞれ長所・短所がありますが、それを踏まえて上手に使い分けていくことができます。

例えば、風邪の引き始め、風邪がなかなか治りきらないとか、胃腸が弱い、疲れやすい、などには漢方治療が良いと思われます。

最近漢方治療が見直されています。漢方治療をご希望の方はお気軽にご相談下さい。

リンク

ツムラ 漢方について
日本臨床漢方医会(全国臨床漢方医リストあり)